それプレミア硬貨じゃない? 知らない人は損をする記念硬貨買取GUIDE
MENU
記念硬貨買取GUIDE » 高価買取のヒケツは?記念硬貨の価値一覧 » 2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣
高価買取店はどこ?記念硬貨の査定額を比較

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣

財務省が2007年ユニバーサル技能五輪国際大会を記念して発行した、「2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣」の価値や、買取相場について解説しよう。

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣の発行

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣は、2007年11月14日~11月21日の約1週間にわたって、静岡県静岡市と沼津市で同時開催された2007年ユニバーサル技能五輪国際大会の開催を記念して発行された千円銀貨幣だ。額面は1,000円だが、純銀製であることに加えて、表面に特殊加工が施された硬貨は製造にかかる費用が額面を上回るプレミアム型の記念貨幣であり、発行当時は税込6,000円で販売された。特製ケースに収納されたセットはおよそ80,000組が用意されたが、海外販売用や記念事業広報用などの目的で5%が控除されたため、国内での実売数はおよそ76,000組ほどとされている。なお、2007年ユニバーサル技能五輪国際大会は、初の同時開催となった第39回技能五輪国際大会と第7回国際アビリンピックの総称だ。

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣の価値

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念千円銀貨幣

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣
引用元:独立行政法人 造幣局
(https://www.mint.go.jp/shintyaku/sale/coin_coin_topics_20071022.html)
額面 1,000円(販売価格:6,000円)
素材 純銀
量目 31.1g
直径 40.0mm
発行年 2007年(平成19年)
発行枚数 80,000枚

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣の特徴

  • 製造コストなどが額面を上回るプレミアム型記念貨幣である。
  • 表面にプルーフ仕上げが施され、さらにカラー印刷加工も処理されている。
  • 記念貨幣の発行を記念した純銀メダルもある。

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣のデザイン

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣のデザインは、表面と裏面がそれぞれ象徴的な美しさを持っていることが特徴だ。

まず表面の中央には、大会のシンボルマークと、2大会の同時開催を象徴するかのように交差した2本の虹が、カラー印刷によってデザインされている。そしてその周りを囲う形で「ユニバーサル技能五輪」などの漢字が立体的に刻まれている。

もう一方にデザインされている富士山も見逃せない。これは開催地である静岡県にちなんでおり、さらに周囲は英字の大会名や発行年などで飾られている。

また、貨幣には鏡面加工のように光沢を持たせるプルーフ仕上げが行われており、技能五輪の記念硬貨として相応しい、非常にリッチな外観になっていることが特徴だ。

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣の価値・買取価格相場

  • 価値:6,000円(販売価格)
  • 買取相場:1,000~3,000円

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣の高価買取のヒケツ

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣は、美しいデザインのプレミアム型記念貨幣として話題になり、販売当時は購入希望者が殺到しておよそ8.4倍の抽選となったことでも知られている。

しかし発行枚数が多いことと、近年は記念硬貨のコレクター需要が下火であり、一般的な買取価格は額面通りか、美品であればプラスαという程度に収まっている。

ただ、これが販売された際は同時に純銀製の記念メダルも発行されており、記念ケースや記念メダルなどが全てそろった状態で買取を依頼した場合、通常よりも高額査定がつく可能性はあるだろう。

記念硬貨を実際に
査定へ出した結果...

五枚の記念硬貨の合計査定額BEST3

スピード買取15万70

公式サイト

福ちゃん18万1,010

公式サイト

ウルトラバイヤー7万

公式サイト

この記念硬貨を査定に出してみた

  • 天皇陛下御在位六十年記念硬貨
  • 皇太子殿下御成婚記念硬貨
  • 東京オリンピック記念硬貨
  • 長野オリンピック記念硬貨
  • 大阪万博記念硬貨
高価買取店はどこ?記念硬貨の査定額を比較