それプレミア硬貨じゃない? 知らない人は損をする記念硬貨買取GUIDE
MENU
記念硬貨買取GUIDE » 高価買取のヒケツは?記念硬貨の価値一覧 » 国際花と緑の博覧会記念硬貨
高価買取店はどこ?記念硬貨の査定額を比較

国際花と緑の博覧会記念硬貨

国際花と緑の博覧会記念硬貨は1990年に大阪で行なわれた国際花と緑の博覧会を記念して作られた硬貨です。そんな「国際花と緑の博覧会記念硬貨」はどんな特徴があるのでしょうか。今回の記事では、国際花と緑の博覧会記念硬貨の特徴や現在の買取相場などについて詳しく解説しています。

記念硬貨の価値早見表
国際花と緑の博覧会記念硬貨5,000円銀貨 5,000円から

国際花と緑の博覧会記念硬貨の発行

1990年4月1日から9月30日に大阪府大阪市鶴見区で国際花と緑の博覧会が開催され、その記念として発行されたのが「国際花と緑の博覧会記念硬貨」です。

国際花と緑の博覧会は別名「花の万博」「EXPO‘90」とも呼ばれていました。212企業に加え55の国際機関と日本を含めた83カ所の国が参加し、大変大規模な万博となったのです。入場者数2,000万人を超える人気を誇った歴史にも残るイベントを記念して作られた硬貨です。

国際花と緑の博覧会記念硬貨の価値

国際花と緑の博覧会記念硬貨(5,000円銀貨)

裁判所制度100周年記念硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
額面5,000円
素材銀合金
量目15g
直径30mm
発行年1990年(平成2年)
発行枚数1,000万枚

特徴

  • 国際花と緑の博覧会が開催されたことを記念して作られた硬貨。
  • 額面も5,000円の1種類のみの発行で、発行枚数はかなり多めの1,000万枚。
  • 表面には「人の生活と自然・植物の世界との調和」が表現され、少女が花冠を被った姿が描かれている。
  • 裏面には国際花と緑の博覧会のシンボルマークと5000と「OSAKA EXPO’90」という数字と文字が描かれている。
  • 発行枚数は1,000万枚とかなり多く発行されている。
  • 素材は銀合金で、銀925と銅75の割合で作られている。
  • 純銀ではないものの買取の価値は高く、額面以上になることも多い。

国際花と緑の博覧会記念硬貨の価格・買取価格相場

国際花と緑の博覧会記念硬貨は発行年数が比較的浅いため、記念硬貨としてもプレミアはあまり期待できません。発行枚数もかなり多いので状態が悪くなってしまうと価値が下がってしまいます。価値としても未使用の状態であればおよそ7,000円以上となり最高額で9,000円が期待できます。ただし買取相場としては6,000円前後となることが多いので、状態の良し悪しで大幅に金額が左右されてしまうでしょう。

  • 価値:8,000円程度
  • 買取相場:6,000円〜9,000円

国際花と緑の博覧会記念硬貨の高価買取のヒケツ

国際花と緑の博覧会記念硬貨の発行・販売は終了となっておりますが、発行枚数が多いことと発行年数が浅いこともあり、買取価格にはプレミアがつきません。ですが、未使用で美品ならば価値も上がるため、できるだけ良い状態で査定に出すことが望ましくなります。特に素材が純銀ではないので銀相場で査定ができず、そのものの状態が価格を左右してしまいます。

高価買取を目指すのであれば、硬貨には触らず汚れている場合はしっかりと綺麗に拭き取ることをお勧めします。

また、銀価値で査定してもらうのではなく、記念硬貨買取を行なっている業者での買取が良いでしょう。

記念硬貨を実際に
査定へ出した結果...

五枚の記念硬貨の合計査定額BEST3

スピード買取15万70

公式サイト

福ちゃん18万1,010

公式サイト

ウルトラバイヤー7万

公式サイト

この記念硬貨を査定に出してみた

  • 天皇陛下御在位六十年記念硬貨
  • 皇太子殿下御成婚記念硬貨
  • 東京オリンピック記念硬貨
  • 長野オリンピック記念硬貨
  • 大阪万博記念硬貨
高価買取店はどこ?記念硬貨の査定額を比較