それプレミア硬貨じゃない? 知らない人は損をする記念硬貨買取GUIDE
MENU
記念硬貨買取GUIDE » 高価買取のヒケツは?記念硬貨の価値一覧 » 国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣
高価買取店はどこ?記念硬貨の査定額を比較

国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣

日本が国際連合に加盟してから50周年の年に記念して作られた硬貨である「国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣」についてご紹介します。

記念硬貨の価値早見表
国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣 1,000円~4,000円前後

他の記念硬貨は?
価値一覧をチェック

国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣の発行

日本が国際連合に加盟してから50周年を迎える1956年に記念して作られた硬貨です。
発行されたのは額面1,000円の1種類のみ。美しい青色の特製ケースに収納されている貨幣セットとなっており、製造費用は額面を超えることから販売価格は6,000円となりました。

プレミアム型の記念貨幣であり、美しい光沢が特徴的なプルーフ仕上げの彩色が特徴。
コイン収集に興味がない人にとっても、飾っておきたいコインと言えるのではないでしょうか。

抽選会も行なわれた

6,000円と定価は高めだったにもかかわらず、申し込み者は販売枚数を上回る結果になりました。
そのため、先着順ではなく、抽選形式で購入できる人を選ぶことになったのもこの硬貨の特徴です。当選倍率は14.7倍ということもあり、多数の申し込み者がいたことがわかります。

当選者には順次払込用紙が発送され、購入が可能という形になったのです。
申し込みをしたものの、購入できなかった人が中古で探しているケースも珍しくありません。

国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣の価値

平成31年銘国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣

平平成31年銘国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣
引用元:造幣局(https://www.mint.go.jp/shintyaku/sale/coin_kahei_tushin_hanbai_page21.html)
額面 1,000円
素材 純銀
量目 31.1g
直径 40mm
発行年 2006年(平成18年)
発行枚数 70,000枚

特徴

  • カラー印刷で美しい見た目も特徴的
  • 額面以上の買取価格が期待できる
  • 表面には艶やかなプルーフ加工がされている
  • 銀100%の純銀で作られた硬貨
  • 桜花で囲まれた地球のデザインが特徴的

買取価格相場

額面通りであれば1,000円の価値となりますが、未使用品に関しては希少価値も高く、2倍~4倍の価値が期待できます。そのため、2,000円~4,000円を一つの相場としてみて良いでしょう。

ただし、未使用品でなかった場合には1,000円~2,000円程度まで価値が落ちてしまうこともあります。

また、当然ながら銀行での換金では1,000円にしかならないので注意が必要です。
買取業者を利用して高値での買取を目指しましょう。

国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣の高値買取のヒケツ

未使用状態でなければなかなか高価買取は期待できません。
状態が良いもののほうが高価買取に繋がるので、早めに買取を依頼するのもおすすめの方法。手元に国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣がある方は、早い段階で買取を依頼することについても検討してみてはどうでしょうか。

また、高価買取に繋げるためには、ケースの状態も重要になってきます。こちらの硬貨は美しい青色のケースに収まっているのですが、ケースが汚れていたり壊れていると硬貨の価値も落ちてしまうので気をつけておきましょう。
箱ごと良好な状態で保管できていたものだと高価買取も期待できます。

ケースがないような場合では価値が大きく落ちてしまいます。
それでも保管状態がよければある程度の買取価格は期待できますが、もともと極端に買い取り価格が高いわけではないので、かなり価値が下がってしまうでしょう。

記念硬貨を実際に
査定へ出した結果...

五枚の記念硬貨の合計査定額BEST3

スピード買取15万70

公式サイト

福ちゃん18万1,010

公式サイト

ウルトラバイヤー7万

公式サイト

この記念硬貨を査定に出してみた

  • 天皇陛下御在位六十年記念硬貨
  • 皇太子殿下御成婚記念硬貨
  • 東京オリンピック記念硬貨
  • 長野オリンピック記念硬貨
  • 大阪万博記念硬貨
高価買取店はどこ?記念硬貨の査定額を比較