それプレミア硬貨じゃない? 知らない人は損をする記念硬貨買取GUIDE
MENU
記念硬貨買取GUIDE » 高価買取のヒケツは?記念硬貨の価値一覧 » 第5回アジア冬季競技大会の記念硬貨
高価買取店はどこ?記念硬貨の査定額を比較

第5回アジア冬季競技大会の記念硬貨

第5回アジア冬季競技大会の記念硬貨開催記念のために発行された「第5回アジア冬季競技大会の記念硬貨記念硬貨」の価値や買取相場についてリサーチしています。

記念硬貨の価値早見表
第5回アジア冬季競技大会記念硬貨(額面:1,000円)販売価格 6,000円
第5回アジア冬季競技大会記念硬貨(額面:1,000円)買取価格 11,000円前後

他の記念硬貨は?
価値一覧をチェック

青森のりんごをモチーフにした記念硬貨

「第5回アジア冬季競技大会記念硬貨」は、2003年に青森で開催された第5回アジア冬季競技大会を記念して発行されました。
平成15年に5万枚発行されたこちらの記念硬貨は、日本初のカラーコインとしても知られています。
額面は1,000円ですが、特殊な技術を用いて製造されたことから販売価格がプレミア価格となり、9,000円で販売されました。
50,000枚という発行数は多くはないため、その後希少価値は少しずつ高まっていったようです。

表面にはスキーやスケート競技を行っている選手の様子が、裏面にはカラーで第5回アジア冬季競技大会のシンボルマークが描かれていると同時に、開催地の青森のシンボル「つがる」のりんごが描かれています。

見どころたくさんの記念硬貨

日本初のカラー硬貨ということもあり、第5回アジア冬季競技大会記念硬貨には見どころもたくさんあります。
「パッド印刷」という技術を用いて印刷されたこちらの貨幣は、真っ赤なりんごの印刷が特徴。
このりんごは2色の赤を使用して印刷されており、かなり手の込んだ作りとなっています。
よく見ると、りんごがベタ塗りよりもリアリティがあることがわかるなど、鑑賞するにあたっても価値のある記念硬貨です。

第5回アジア冬季競技大会について

第5回アジア冬季競技大会はアジア各国から29カ国、約1,200名の選手が参加しました。
5競技51種目が8日間で行われ、日本人選手はスキーやスノーボードなど、多くの種目でたくさんのメダルを獲得し、優秀な成績を残しました。
大会は大変な盛り上がりを見せ、当初観客は60,000万人が見込まれていましたが、実際には90,000人もの観客が訪れたそうです。
観客数は多かったもののオリンピックのような知名度はありませんでしたが、この大会をきっかけにカーリングチーム「チーム青森」ができるなどのきっかけとなりました。

第5回アジア冬季競技大会記念硬貨の価値

第5回アジア冬季競技大会記念硬貨

第5回アジア冬季競技大会記念硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
額面 1000円
素材
品位 純銀
量目 31.1g
直径 40mm
彩色 黒色、水色、青紫色及び赤色
特徴 斜めギザなど
発行年 2003年(平成15年)
発行枚数 50,000枚

第5回アジア冬季競技大会記念硬貨の高価買取のヒケツ

第5回アジア冬季競技大会記念硬貨は、初めてのカラー効果であること、流通数がさほど多くないことなどから販売開始からこれまでの間にプレミアがつき、もとの販売価格である6,000円よりも硬貨な価格での買取が行われているようです。
低くても10,000円前後、高いところだと11,000円以上で買い取ってもらえるようですので、かなりのプレミア価格ですよね。
ちなみに、第5回アジア冬季競技大会記念硬貨は素材銀となり、通常の買取価格だと銀の買い取り価格として1,000円前後にしかなりません。
貨幣自体に1,000円とつけられているのもそういた理由によるものかもしれませんが、その実際の価値と買取価格を比較すると、どのくらい希少価値があるかということが伺いしれると思います。

記念硬貨を実際に
査定へ出した結果...

五枚の記念硬貨の合計査定額BEST3

スピード買取15万70

公式サイト

福ちゃん18万1,010

公式サイト

ウルトラバイヤー7万

公式サイト

この記念硬貨を査定に出してみた

  • 天皇陛下御在位六十年記念硬貨
  • 皇太子殿下御成婚記念硬貨
  • 東京オリンピック記念硬貨
  • 長野オリンピック記念硬貨
  • 大阪万博記念硬貨
高価買取店はどこ?記念硬貨の査定額を比較