それプレミア硬貨じゃない? 知らない人は損をする記念硬貨買取GUIDE
MENU
記念硬貨買取GUIDE » 高価買取のヒケツは?記念硬貨の価値一覧

高価買取のヒケツは?記念硬貨の価値一覧

ここでは、以下の記念硬貨について詳細に調査し、紹介している。かなりの情報量になるが、参考になる内容となっているので是非活用してもらいたい。

目次

高価買取店はどこだ?
記念硬貨の査定額を比較

東京オリンピック記念硬貨

1964年に東京オリンピックが開催されたことを記念して発行された記念硬貨である。発案からわずか1カ月で発行が決定されたことからも、オリンピックに並々ならぬ期待が寄せられていたことがうかがえる。

こちらの記念硬貨は日本で初めて発酵された記念硬貨で、100円硬貨と1,000円硬貨の2種類が用意されており、どちらも銀貨。
ただし銀が92.5%、残りの7.5%は銅が使用されている。
100円硬貨のデザインは、公募によって選ばれたデザインから作られた。3,000万点以上もの応募があった。

 東京オリンピック1,000円銀貨

東京オリンピック記念硬貨1,000円銀貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:銀
  • 額面:1,000円
  • 買取相場:2,000~3,000円程度
  • 発行年:1964年
  • 発行枚数:1,500万1,516枚
  • 表の模様:1.富士山2.桜.
  • 裏の模様:1.100円の額面 2. 発行年3.TOKYOの文字

 東京オリンピック100円硬貨

東京オリンピック記念硬貨100円銀貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:銀
  • 額面:100円
  • 買取相場:200~500円程度
  • 発行年:1964年
  • 発行枚数:8,000万8,056枚
  • 表の模様:1.聖火台2.五輪のマーク
  • 裏の模様:1.100円の額面 2.発行年3.TOKYOの文字

東京オリンピック記念硬貨の
査定額を買取店ごとに比較!

東京オリンピック記念硬貨の
価値をもっと詳しく

長野オリンピック記念硬貨

1998年に開催された長野オリンピックの開催を記念して発行された記念硬貨。1~3次まで3回に分けて発行されたが、その都度額面ごとに違うデザインで発行されたため、最終的に9種類のデザインとなった。

500円硬貨、5,000円硬貨、10,000円硬貨の3種類が発酵されており、いずれも買取価格は高めだが、買取業者によって500円硬貨のみ買取不可の場合がある。
ただし、5,000円硬貨や10,000円硬貨と一緒に売れば買取価格が上乗せされる可能性があるので、実績のある買取業者に査定に出すのが望ましい。

長野オリンピック 1万円金貨

長野オリンピック 1万円金貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:金
  • 額面:10,000円
  • 買取相場:40,000円程度
  • 発行年:1997年・1998年
  • 発行枚数:5,500万枚
  • 表の模様:1次:ジャンプ、2次:フィギュアスケート、3次:スピードスケートの選手
  • 裏の模様:1.りんどう 2. 1998 NAGANOの刻印 

長野オリンピック 5,000円銀貨

長野オリンピック 5,000円銀貨
  • 素材:銀
  • 額面:5,000円
  • 買取相場:6,000円程度
  • 発行年:1997年・1998年
  • 発行枚数:5,500万枚
  • 表の模様:1次:アイスホッケー、2次:バイアスロン、3次:パラリンピックアルペンスキーの選手
  • 裏の模様:1. カモシカ 2.1998 NAGANOの刻印

長野オリンピック500円硬貨

長野オリンピック500円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:800円程度
  • 発行年:1997年・1998年
  • 発行枚数:6,000万麻衣
  • 表の模様1次:スノーボード、2次:ボブスレー、3次:フリースタイルの選手
  • 裏の模様:1.雷鳥 2.オリンピックのマーク 3. 1998 NAGANOの刻印

長野オリンピック記念硬貨の
査定額を買取店ごとに比較!

長野オリンピック記念硬貨の
価値をもっと詳しく

FIFAワールドカップ記念硬貨

2002年に日韓共催で行われた「FIFAワールドカップ」を記念して発行された記念硬貨。表面のデザインが異なる3種類の500円硬貨、1,000円銀貨、10,000円金貨の合計5種類の発行となったが、500円硬貨プルーフセット、価値が高い銀貨と金貨のプルーフセットも存在していた。

500円硬貨の買取価格は、まったくの新品未使用であれば700円前後が相場。
ただし10,000円金貨はK24製であるため、かなりの高値買取が期待できる。買取業者によって買取価格に開きが出る可能性があるため、実際に売りに出す前に状態を伝えて上で相場を問い合わせるのが望ましい。

FIFAワールドカップ記念硬貨の
査定額を買取店ごとに比較!

FIFAワールドカップ記念硬貨の
価値をもっと詳しく

東京2020オリンピック競技大会記念硬貨

2020年に開催される「東京オリンピック」を記念して発行された記念硬貨で、2018年7月の第一次発行から、2020年のオリンピック開催直前まで、合計4回に渡って発行される予定だ。第一次発行では、100円クラッド貨幣、1,000円銀貨、10,000円金貨の3種類の発行となった。2016年発行の「リオ-東京引継記念」1,000円銀貨も存在する。

こちらの記念硬貨は、製造費用(販売価格)が額面の価値を上回る「プレミム型記念貨幣」である点が特徴。
平成28年9月の申し込み開始時点であっという間に申し込みが殺到し、購入できる人の当選確率はなんと7%以下となった。
販売後はオークションなどに出品され、4万円前後まで価格が上がった。

東京2020オリンピック競技大会記念硬貨の
査定額を買取店ごとに比較!

東京2020オリンピック競技大会記念硬貨の
価値をもっと詳しく

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨

2020年の東京オリンピックと同時に開催される「東京パラリンピック」を記念して発行された記念硬貨で、オリンピック記念硬貨と同時期である2018年7月に第一次発行が行われた。東京オリンピック記念硬貨同様、開催直前まで合計4回の発行が行われる予定だが、第一次発行では100円クラッド硬貨と1,000円銀貨の2種類に留まった。

「東京2020年オリンピック競技大会記念硬貨」よりも購入できる確率は高かったが、それでも8.6%と申込者の1割以下しか購入することができなかった。
2020年のパラリンピック開催まで、さらに新しい記念硬貨が発行されるといわれており、初期の記念硬貨は今後買取価格が大きく上がる可能性がある。

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の
査定額を買取店ごとに比較!

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の
価値をもっと詳しく

大阪万博記念硬貨(日本万国博覧会記念硬貨)

1970年に大阪で開催された大阪万博(日本万国博覧会)の開催を記念して発行された記念硬貨だ。開催前と後に2回発行され、浮世絵のデザインを取り入れた斬新なもので世界でも話題となった。

大阪万博は日本がアジア発の国際博覧会開催国となったことから、世界的にも大きく注目され、国を挙げての一大イベントであった。
こちらの記念硬貨は単品のほかにセットで展開されているものもあり、セットの場合買取価格が大きく上がり、3〜40,000円前後になるといわれている。

大阪万博 100円硬貨

大阪万博記念硬貨(日本万国博覧会記念硬貨)
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:銅とニッケルの合金
  • 額面:100円
  • 買取相場:200~500円程度
  • 発行年:1970年
  • 発行枚数:4,000万2,052枚
  • 表の模様:1.葛飾北斎の富嶽三十六景の赤富士
  • 裏の模様:1.万博のロゴ 2.地球儀

大阪万博記念硬貨の
査定額を買取店ごとに比較!

大阪万博記念硬貨の
価値をもっと詳しく

瀬戸大橋開通記念硬貨

1988年に全面開通した瀬戸大橋の開通を記念して発行された記念硬貨だ。立案から100年、着工から10年という長い年月をかけてようやく本州と四国が結ばれた悲願の橋であり、現在も重要な交通路戦となっている。

単品硬貨のほか、青函トンネルの記念硬貨とセットになったものも販売された。
買取業者に買い取りを依頼する際は、開封すると価値が下がってしまうため、ケースから出さないで保管しておくことが重要。
銀貨のほかに金で作られた記念メダルも発行されており、こちらは金の相場によって買取価格が変動する。

瀬戸大橋 500円硬貨

瀬戸大橋開通記念硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:1,000円程度
  • 発行年:1988年
  • 発行枚数:2,000万枚
  • 表の模様:1.本州と四国の地図
  • 裏の模様:1.岡山方向から見た橋の全景

瀬戸大橋開通記念硬貨の
価値をもっと詳しく

皇太子殿下御成婚記念硬貨

1993年に、皇太子紀仁親王と雅子様の御成婚を記念して発行された記念硬貨。過去の大量偽造事件を教訓にして、偽造を防ぐためのパック封入とシリアルナンバーを導入して偽造ができないよう対策を強化したものだ。

50,000円金貨、5,000円硬貨、500円白銅貨の3種類が発行された。
金貨は金相場によって大きく買取価格が変動するため、近年は75,000円前後が相場とされている。
500円白銅貨は発行数が多く、プレミア的な価値はつきにくいため、単体だと買取してもらえない場合もある。
事前に買取業者に問い合わせた上で査定に出すのが望ましい。

皇太子殿下御成婚5万円金貨

皇太子殿下御成婚5万円金貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:金
  • 額面:50,000円
  • 買取相場:75,000円程度
  • 発行年:1993年
  • 発行枚数:200万枚
  • 表の模様:1.2羽の瑞鳥の鶴 2.波
  • 裏の模様:1.菊の紋章 2.皇太子殿下のお印の梓

皇太子殿下御成婚記念硬貨の
査定額を買取店ごとに比較!

皇太子殿下御成婚 5,000円銀貨

皇太子殿下御成婚 5,000円銀貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:銀
  • 額面:5,000円
  • 買取相場:8,000円程度
  • 発行年:1993年
  • 発行枚数:500万枚
  • 表の模様:1.2羽の瑞鳥の鶴 2.波
  • 裏の模様:1.菊の紋章 2.皇太子殿下のお印の梓

皇太子殿下御成婚 500円硬貨

皇太子殿下御成婚 500円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:1,000円程度
  • 発行年:1993年
  • 発行枚数:3,000万枚
  • 表の模様:1.2羽の瑞鳥の鶴 2.波
  • 裏の模様:1.菊の紋章 2.皇太子殿下のお印の梓

皇太子殿下御成婚記念硬貨の
価値をもっと詳しく

青函トンネル開通記念硬貨

1988年に開通した青函トンネルを記念して発行された硬貨だ。青森県と北海道を結ぶ東洋最長の海底トンネルで、戦前に発案され、長い年月を経てようやく完成し本州と北海道が結ばれることとなった。

額面は500円で、発行数は約20,000万枚。
これまでの記念硬貨と比較すると比較的発行数は少ないが、大きなプレミアはついていないことが多い。
今後も価値が上がるとは予想されていないため、今後記念硬貨を処分する予定がある場合は、合わせて売りに出してしまうのもひとつの方法。

青函トンネル 500円硬貨

青函トンネル 500円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:1,000円程度
  • 発行年:1988年
  • 発行枚数:200万枚
  • 表の模様:1.北海道と本州の地図
  • 裏の模様:1.青函トンネル 2.津軽海峡の波 3.カモメ

青函トンネル開通記念硬貨の
価値をもっと詳しく

天皇陛下御在位60年記念硬貨

1986年に昭和天皇の御在位60年を記念して発行された記念硬貨。日本初の額面1万円オーバーの硬貨発行として特別法を制定しての発行となったが、大量偽造が発覚して大きな問題となった金貨である。

それぞれの硬貨価値は、10,000円銀貨で約20,000前後、500円白銅貨は2,000円前後、10万円金貨は約15万円前後だといわれている。
ただし10万円金貨においては、貨幣価値というよりも金の価値として買取価格が査定されるため、その時の金相場によって買取価格が変動する可能性が高い。

天皇陛下御在位60年10万円金貨

天皇陛下御在位60年10万円金貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:金
  • 額面:100,000円
  • 買取相場:120,000円程度
  • 発行年:1986年・1987年
  • 発行枚数:10,100万枚
  • 表の模様:1.鳩 2.水
  • 裏の模様:1.菊の紋章

天皇陛下御在位60年記念硬貨の
査定額を買取店ごとに比較!

天皇陛下御在位60年 1万円銀貨

天皇陛下御在位60年 1万円銀貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:銀
  • 額面:10,000円
  • 買取相場:12,000~15,000円程度
  • 発行年:1986年・1987円
  • 発行枚数:1,000万枚
  • 表の模様:1.日の出 2.瑞鳥
  • 裏の模様:1.菊の紋章

天皇陛下御在位60年 500円硬貨

天皇陛下御在位60年 500円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:1,000~1,500円程度
  • 発行年:1986年・1987年
  • 発行枚数:5,000万枚
  • 表の模様:1.京都御所の紫宸殿
  • 裏の模様:1. .菊の紋章

天皇陛下御在位60年記念硬貨の
価値をもっと詳しく

愛知万博記念硬貨(愛地球博・日本国際博覧会)

2005年に愛知県内で開催された愛知万博(通称・愛地球博)の開催を記念して発行された記念硬貨である。正式には日本国際博覧会という名称で、国内5回目の国際博覧会開催ということで世界中から多くの人が訪れた。

10,000年金貨は造幣局から発行され、直径26mm、図柄には自然や命をモチーフとしたデザインが描かれているほか、万博のシンボルマークも入っている。
ちなみに表面に描かれた「コノハズク」は、愛知県の県鳥であり、愛知万博にちなんで採用された。

愛知万博 1万円金貨

愛知万博 1万円金貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:金
  • 額面:10,000円
  • 買取相場:60,000円程度
  • 発行年:2004年
  • 発行枚数:35,000枚
  • 表の模様:1.地球 2.自然
  • 裏の模様:1.シンボルマーク 2.大地

愛知万博 1,000円銀貨

愛知万博 1,000円銀貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:銀
  • 額面:1,000円
  • 買取相場:2,000円程度
  • 発行年:2004年
  • 発行枚数:35,000枚
  • 表の模様:1.地球 2.若木
  • 裏の模様:1.シンボルマーク 2.大地

愛知万博500円硬貨

愛知万博500円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:ニッケル黄銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:600円程度
  • 発行年:2004年
  • 発行枚数:824万枚
  • 表の模様:1.地球 2.愛地球博のロゴ
  • 裏の模様:1.シンボルマーク 2.大地

愛知万博記念硬貨の
価値をもっと詳しく

関西国際空港開港記念硬貨

1994年に関西沖に作られた人工島上に関西地域の拠点となる関西国際空港が開港したことを記念して発行された記念硬貨。すべての機能が人工島にあり、デザインは飛行機の図柄を採用している500円硬貨だ。

空港の開校記念ということもあり、デザインには飛行機を採用。
発行数は2,000万枚と従来の記念硬貨と比較して少なめだが、特別希少価値が高い記念硬貨としては認識されていない。
買取価格についても、500円白銅貨で6〜700円前後と予想される。

関西国際空港 500円硬貨

関西国際空港 500円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:600~700円程度
  • 発行年:1994年
  • 発行枚数:2,000万枚
  • 表の模様:1.関西空港の俯瞰図 2.飛ぶ飛行機
  • 裏の模様:1.関西の地図 2.祝いのリボン

関西国際空港開港記念硬貨の
価値をもっと詳しく

札幌オリンピック記念硬貨

1972年に札幌で行われた冬季オリンピックの開催を記念して発行された記念硬貨だ。同時に金メダルも発行されたが、このオリンピックは東京オリンピック開催の決定に伴って決まったアジア発の冬季五輪となった。

硬貨の種類は100円硬貨のみ。そのため「札幌五輪100円白銅貨」と呼ばれることもある。
オリンピックのシンボルである成果のほか、裏面には雪紋が描かれ、札幌らしいデザインだ。
実際にオリンピックが開催される少し前に、3,000万枚発行された。
海外向けにケースに収納された「ミントセット」も販売されており、こちらのセットであれば買取価格は高めになると推測される。

札幌オリンピック100円硬貨

札幌オリンピック100円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅
  • 額面:100円
  • 買取相場:200~500円程度
  • 発行年:1972年
  • 発行枚数:3,000万枚
  • 表の模様:1.聖火台
  • 裏の模様:1.五輪のマーク 2.雪の模様

札幌オリンピック記念硬貨の
価値をもっと詳しく

天皇陛下御在位50年記念硬貨

1976年に昭和天皇の御在位50年を記念して発行された記念硬貨である。白銅製の記念硬貨の中でも最大級の大きさであり、その美しいデザインの完成度が高く評価された国内最後の100円玉の記念硬貨である。

100円硬貨のみの展開であることから「天皇在位50年白銅貨」と呼ばれることもある。
直径約30mm、重さは12gとこれまでの100円記念硬貨の中でもっとも大きく、札幌冬季五輪の100円記念硬貨と同じ大きさだ。
発行数は7,000万枚と多いことから、希少価値は低いと思われる。

天皇陛下御在位50年100円硬貨

天皇陛下御在位50年100円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅
  • 額面:100円
  • 買取相場:500円程度
  • 発行年:1976年
  • 発行枚数:7,000万枚
  • 表の模様:1.皇居の二重橋 2.皇居
  • 裏の模様:1.菊の紋章 2.鳳凰

天皇陛下御在位50年記念硬貨の
価値をもっと詳しく

天皇陛下御即位記念硬貨

元号が新たになり今上天皇が御即位されたことを記念して発行された平成最初の記念硬貨である。1990年と1991年にわたって発行され、偽造防止策も施された10万円金貨の発行が話題となり価値を裏付ける形となった。

今上天皇の即位記念として発行された記念硬貨であることから、「平成天皇御即位記念10万円金貨」と呼ばれることがある。
同じ天皇即位記念硬貨として「昭和天皇陛下御即位記念金貨」があり、いずれも10万円硬貨として発行された。
しかし今上天皇記念硬貨のほうが重量30gと重いことから、硬貨価値も高い。

天皇陛下御即位 10万円金貨

天皇陛下御即位 10万円金貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:金
  • 額面:100,000円
  • 買取相場:110,000~150,000円程度
  • 発行年:1990年・1991年
  • 発行枚数:200万枚
  • 表の模様:1.鳳凰 2.瑞雲
  • 裏の模様:1.菊の紋章 2.唐草

天皇陛下御即位500円硬貨

天皇陛下御即位500円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:1,000~1,300円程度
  • 発行年:1990年・1991年
  • 発行枚数:3,000万枚
  • 表の模様:1.特別御料車
  • 裏の模様:1.菊の紋章 2.束帯

天皇陛下御即位記念硬貨の
価値をもっと詳しく

第12回アジア競技大会記念硬貨

1994年に16日間にわたって広島県で開催されたアジア競技大会の開催を記念して発行された記念硬貨だ。走る・跳ぶ・泳ぐの3つのスポーツを採用した図柄があり、白銅製である。単体と貨幣セットとして発行された。

本硬貨はどのデザインも価値は同じで、大きさも直径26.5mm、重さ7.2g。
白銅貨であることから、「広島アジア大会500円白銅貨」と呼ばれることもある。
本大会は「アジア諸国の平和と調和促進」を表題として開催され、バブル時代だったということもあってかなり規模の大きな設備を建設し大々的に開催された。
本大会開始兄伴い、アストラムラインの開通や広島空港の開港も実現した。

アジア競技大会 500円硬貨

第12回アジア競技大会記念硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:800円程度
  • 発行年:1994年
  • 発行枚数:各1,000万枚
  • 表の模様:走る・跳ぶ・泳ぐの3種類
  • 裏の模様:1.大会のシンボルマーク 2.紅葉

第12回アジア競技大会記念硬貨の
価値をもっと詳しく

第5回アジア冬季競技大会の記念硬貨

2003年に青森県で開催された「アジア冬季競技大会」を記念して発行された銀貨幣。
発行数5万枚と記念硬貨の中では少ないこと、また日本で初めて発行された色付きのコインであることから、希少価値は高いと推測される。
金やプラチナに価値が集まりやすい中で、銀貨幣でも希少価値の高い珍しい記念硬貨のひとつである。

アジア競技大会 500円硬貨

第5回アジア冬季競技大会の記念硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:銀
  • 額面:1000円
  • 買取相場:11,000円前後
  • 発行年:2003年
  • 発行枚数:50,000枚
  • 表の模様:スキーとスケートの選手
  • 裏の模様:大会シンボルマークとりんご

第5回アジア冬季競技大会の記念硬貨の
価値をもっと詳しく

明治150年記念硬貨

明治150年を記念して2018年に発行された記念硬貨。
表面には明治初期の新橋の様子がカラーで色鮮やかにデザインされている。色彩も多岐に渡り、記念交換の中でももっとも多彩なものだといえるだろう。
額面は1,000円だが、製造にかなりの費用がかかったため、「プレミアム型記念硬貨」として販売された。

明治150年記念硬貨

明治150年記念硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:銀
  • 額面:1000円
  • 買取相場:9,000円程度
  • 発行年:2018年
  • 発行枚数:50,000枚
  • 表の模様:1. 明治初期の鉄道駅の様子と「明治150年」関連施策推進ロゴマーク
  • 裏の模様:明治初期の20円金貨幣の表面紋様

明治150年記念硬貨の
価値をもっと詳しく

天皇陛下御在位20年記念硬貨

2009年に今上天皇の御在位20年を記念して発行された記念硬貨である。非常に美しいデザインと装飾から、世界の記念硬貨の競技会であるMDCコインコンペティションにおいて、金貨部門で最も美しい貨幣に選ばれた。

貨幣セットとして10万枚発行され、美しい鳳凰や皇居などが描かれている。
10万枚のうち半数は金貨単体、もう半数は天皇陛下御即位20年500円記念硬貨とセットで販売された。
金貨は金相場によって価値が変動するため、買取査定は相場の高い日が望ましい。

天皇陛下御在位20年1万円金貨

天皇陛下御在位20年1万円金貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:金
  • 額面:10,000円
  • 買取相場:80,000円程度
  • 発行年:2009年
  • 発行枚数:10万枚
  • 表の模様:1.鳳凰 2.瑞雲 3.皇居内の二重橋
  • 裏の模様:1.菊花紋章

天皇陛下御在位20年 500円硬貨

天皇陛下御在位20年 500円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:ニッケル黄銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:600円程度
  • 発行年:2009年
  • 発行枚数:1,000万枚
  • 表の模様:1.菊花
  • 裏の模様:1.菊花紋章

天皇陛下御在位20年記念硬貨の
価値をもっと詳しく

天皇陛下御在位10年記念硬貨

1999年に今上天皇が即位されて10年を記念して発行された記念硬貨である。500円と1万円の2種類が発行され、うち1万円硬貨については今でも高額で取引されるほどの人気の記念硬貨として知られている。

500円硬貨は白銅貨であり、希少価値は低いとされる。
しかし1万円金貨は非常に人気が高く、1万円という額面よりも大きく買取価格は上昇する。
相場としては8万円前後と予想されるので、金相場が高ければさらに高い買取価格も期待できそうだ。

天皇陛下御在位10年 1万円金貨

天皇陛下御在位10年 1万円金貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:金
  • 額面:10,000円
  • 買取相場:80,000円程度
  • 発行年:1999年
  • 発行枚数:20万枚
  • 表の模様:1.鳳凰 2.桐 3.白樺
  • 裏の模様:1.菊の紋章 2.橘 3.桜

天皇陛下御在位10年 500円硬貨

天皇陛下御在位10年 500円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:700円程度
  • 発行年:1999年
  • 発行枚数:1,500万枚
  • 表の模様:1.富士山 2.菊花
  • 裏の模様:1.菊の紋章 2.橘 3.桜

天皇陛下御在位10年記念硬貨の
価値をもっと詳しく

東日本大震災復興事業記念硬貨

2015年に東日本大震災の復興支援事業として資金提供のひとつである個人向けの復興応援国債変動10年購入者に贈呈された記念硬貨である。第1次から第4次までデザインを変える形で発行され一部造幣局からも販売された。

1万円金貨と5,000円硬貨の2種類があり、5,000円硬貨はカラーコインである。
数多くのデザインが展開されていて、すべてのデザインを合わせて約22万5,000枚発行された。
特殊ケース入り場合はかなりのプレミアがつき、30万円以上の買取価格が期待できることも。

東日本大震災復興 1万円金貨

東日本大震災復興 1万円金貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:金
  • 額面:10,000円
  • 買取相場:90,000~100,000円程度
  • 発行年:2015年
  • 発行枚数:第1次:1.4万枚・第2次:1.1万枚・第3次:1万枚・第4次:1万枚
  • 表の模様:第1次:復興特別区域の地図とハト・第2次:学校と鯉のぼり・第3次:復興特別区域の地図・折り鶴・奇跡の一本松・第4次:豊かな自然と鳥
  • 裏の模様:1.奇跡の一本松 2.ハト

東日本大震災復興 1,000円銀貨

東日本大震災復興 1,000円銀貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:銀
  • 額面:1,000円
  • 買取相場:9,000~10,000円程度
  • 発行年:2015年
  • 発行枚数:第1次:6万枚・2次:4万・第3次:4万枚・第4次:4万枚
  • 表の模様:第1次:大漁船と稲穂・第2次:復興特別区域の日の出と折り鶴・第3次:日本の応援する少年として小学生の応募作品・第4次:握手する日本列島と桜
  • 裏の模様:1.奇跡の一本松 2.ハト

東日本大震災復興事業記念硬貨の
価値をもっと詳しく

新幹線鉄道開業50周年記念硬貨

2014年に新幹線開業50周年を記念して発行された記念硬貨である。100円と1,000円硬貨の2種類があるが、中でも100円クラッド貨幣は2014~2015年にかけて国内の新幹線9路線を網羅した図柄で発行された。

非常に装飾が豪華な記念硬貨で、片面はカラーコイン、もう片面は虹色発色加工が施されている。
また素材も100%銀なので、白銅貨の記念硬貨と比較すると硬貨自体の価値もとても高い。
製造費が額面を上回ったため、「プレミアム型記念硬貨」として販売された。

新幹線開業50周年 1,000円銀貨

新幹線開業50周年 1,000円銀貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:銀
  • 額面:1,000円
  • 買取相場:25,000円程度
  • 発行年:2014年
  • 発行枚数:各5万枚
  • 表の模様:1.富士山 2.新幹線 3.桜
  • 裏の模様:1.虹色の新幹線 2.開業50年の文字

新幹線開業50周年 100円硬貨

新幹線開業50周年 100円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅および銅
  • 額面:100円
  • 買取相場:100円程度
  • 発行年:2014年
  • 発行枚数:東海道新幹線:232.4万枚・山陽新幹線:229.2万枚・東北新幹線:230.4万枚・上越新幹線:228.8万枚・北陸新幹線:4万枚・山形新幹線:297.2万枚・秋田新幹線:298.4万枚・九州新幹線:299.6万枚、北海道新幹線:301.6万枚
  • 表の模様:東海道新幹線:N700A・山陽新幹線:500系・東北新幹線:E5系・上越新幹線:E4系・北陸新幹線:E7系、W7系・山形新幹線:E3系・秋田新幹線:E6系・九州新幹線:新800系・北海道新幹線:H5系.
  • 裏の模様:1.0系新幹線

新幹線鉄道開業50周年記念硬貨の
価値をもっと詳しく

つくば万博記念硬貨(国際科学技術博覧会記念硬貨)

国際科学技術博覧会(通称EXPO‘85またはつくば万博)の開催を記念して1985年に発行された記念硬貨だ。日本では3度目の国際博覧会であり、岡本太郎氏のモニュメントなど話題性の高い博覧会となった。

つくば万博開催の記念硬貨であることから、「つくば国際科学博覧会記念500円白銅貨」とも呼ばれている。
筑波山と、茨城の県木である梅が描かれており、つくば万博のレタリングが施されているデザイン。
7,000万枚とかなりの数が発行されたため、希少価値は低い。

つくば万博 500円硬貨

つくば万博記念硬貨(国際科学技術博覧会記念硬貨)
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:白銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:500円程度
  • 発行年:1985年
  • 発行枚数:7,000万枚
  • 表の模様:1.筑波山 2.梅
  • 裏の模様:1.梅の花 2.EXPOのシンボルマーク

つくば万博記念硬貨の
価値をもっと詳しく

地方自治60年記念硬貨

2008年に地方自治法施行60年を記念して70年までの10年間に随時47都道府県のオリジナル図柄で発行された記念硬貨である。日本政府のプログラムによって行われ、各地の特徴ある図柄で県によっては高い価値がある。

47都道府県すべての記念硬貨が発行されているが、すべて同時に発行されたのではなく、毎年少しずつ発行されている。
またデザインによって人気にも差があるので、記念硬貨としての希少価値にも大きな開きが出ると推測される。

地方自治60年 1,000円銀貨

地方自治60年 1,000円銀貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:銀
  • 額面:1,000円
  • 買取相場:7,000~12,000円程度
  • 発行年:2008年~
  • 発行枚数:各10万枚
  • 表の模様:北海道:洞爺湖を背景に飛ぶタンチョウ・高知:坂本龍馬と桂浜の風
  • 岩手:国宝・中尊寺金色堂と中尊寺ハスと毛越寺浄土庭園・静岡:横山大観の群青富士をデザインしたもの・京都:国宝源氏物語絵巻宿木三の一場面(匂宮が中君のもとで琵琶を弾く情景)など各県で異なる
  • 裏の模様:1.雪 2.月 3.花

地方自治60年 500円硬貨

地方自治60年 500円硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 素材:ニッケルメッキ・白銅および銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:500~1,500円程度
  • 発行年:2008年~
  • 発行枚数:北海道:210万枚・高知196万枚:・岩手179万枚:・静岡:170万枚・京都:205万枚など(各県によって異なる)
  • 表の模様:北海道:北海道庁旧本庁舎(道庁赤レンガ庁舎)と上部に洞爺湖・羊蹄山・高知:坂本龍馬・岩手:中尊寺金色堂新覆堂と毛越寺曲水の宴・静岡:富士山と茶畑・京都:国宝源氏物語絵巻宿木二の一場面(匂宮と六君の情景)など各県で異なる
  • 裏の模様:1.地方自治の文字(古銭風)

地方自治60年記念硬貨の
価値をもっと詳しく

天皇陛下御在位30年記念貨幣・明治150年記念1000円銀貨幣

こちらでは、「天皇陛下御在位30年記念貨幣」と、「明治150年記念1000円銀貨幣」の、2つの記念硬貨についてご紹介しています。
それぞれ日本の歴史において重要な事柄を記念として発行された記念硬貨ですが、額面やデザイン、素材、発行部数が異なります。
素材が異なれば販売価格や買取価格に違いが生じるのは当然のこと。
これらの違いによって、買取に出したときに価格は異なりますので、買取に出すことを考慮した上で記念硬貨を購入する場合は、ぜひこちらの情報を参考にしてください。
また、記念硬貨は保存状態や希少価値、保管期間などによっても買取価格が前後します。
より高値で買い取ってもらうためのコツについてもご紹介していますので、手持ちの記念硬貨を売却したいと考えている人に役立つ情報を掲載しています。
記念硬貨の収集や売却に興味がない人も、記念硬貨の発行理由などを知ることで、日本の歴史について理解を深めるきっかけとなりますので、ぜひご覧いただけたら幸いです。

天皇陛下御在位30年500円記念貨幣

天皇陛下御在位30年500円記念貨幣
引用元:財務省(https://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/30th_emperors_enthronement/20180807.html)
  • 素材:主に銅
  • 額面:500円
  • 買取相場:未定
  • 発行年:2019年
  • 発行枚数:500万枚
  • 表の模様:儀装馬車と桐と白樺
  • 裏の模様:菊花紋章

天皇陛下御在位30年1万円記念貨幣

天皇陛下御在位30年1万円記念貨幣
引用元:財務省(https://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/30th_emperors_enthronement/20180807.html)
  • 素材:純金
  • 額面:10,000円
  • 買取相場:未定
  • 発行年:2019年
  • 発行枚数:5万枚
  • 表の模様:鳳凰と桐と白樺
  • 裏の模様:菊花紋章

天皇陛下御在位30年記念貨幣の
価値をもっと詳しく

明治150年記念1000円銀貨幣

明治150年記念1000円銀貨幣
引用元:財務省(https://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/meiji150/20180525.html)
  • 素材:銀
  • 額面:10,000円
  • 買取相場:未定
  • 発行年:2018年
  • 発行枚数:5万枚
  • 表の模様:明治初期の鉄道駅の様子と「明治150年」関連施策推進ロゴマーク
  • 裏の模様:明治初期の20円金貨幣の表面紋様

明治150年記念1000円銀貨幣の
価値をもっと詳しく

ラグビーワールドカップ2019日本大会記念貨幣

2019年ラグビーワールドカップが日本で開催されることを記念して発行された記念硬貨。ラグビー優勝国に贈られるウェブ・エリス・カップ、他にもラグビーボールやトーナメントマークなどをデザインに取り入れ、金貨には日本の代表的な花の一つでもある桜もあしらわれている。またデザインには初の虹色が取り入れられ、特に発行枚数が少ないのも特徴である。金貨は純銀仕様なので金相場によっては価値が左右される可能性もあり。

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会記念貨幣(一万円金貨幣)

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会記念貨幣(一万円金貨幣)
引用元:財務省(https://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/rugby_worldcup_2019/20181127.html)
  • 素材:金(純金)
  • 額面:1,0000円
  • 買取相場:未定
  • 発行年:2019年
  • 発行枚数:1万枚
  • 表の模様:ウェブ・エリス・カップとラグビーボール
  • 裏の模様:トーナメントマークと桜花

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会記念貨幣(千円銀貨幣)

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会記念貨幣(千円銀貨幣)
引用元:財務省(https://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/rugby_worldcup_2019/20181127.html)
  • 素材:純銀
  • 額面:1,000円
  • 買取相場:未定
  • 発行年:2019年
  • 発行枚数:5万枚
  • 表の模様:競技選手(タックルシーン) とゴールポスト
  • 裏の模様:トーナメントマークと ラグビーボールと開催都市名

ラグビーワールドカップ2019日本大会記念貨幣の
価値をもっと詳しく

東日本大震災復興字義業記念貨幣

東日本大震災の翌年に、復興を目的として支援のために発行された記念硬貨。主に復興応援国債を一定額以上保有している方に贈呈しており、復興応援国債を購入された方には購入者限定の特性ケースに入れて贈られた。一部では造幣局からも抽選で販売しており、現在は申し込みが終了している。デザインは金貨・銀貨ともに共通面と個別面とし、共通面には「奇跡の一本松とハト」を採用。個別面では金貨・銀貨それぞれでデザインを公募し選出した。金貨は色の採用はなかったが銀貨は鮮やかな色が用いられているのが特徴。純金・純銀で作られており発行枚数も少ないことから金と銀二つ保有していることで希少価値もより高まる。

東日本大震災復興字義業記念貨幣

東日本大震災復興事業記念貨幣(一万円金貨幣)
引用元:財務省(https://www.mint.go.jp/coin/reconstruction/reconstruction_first.html)
  • 素材:金(純金)
  • 額面:1,0000円
  • 買取相場:未定
  • 発行年:2015年(平成27年)
  • 発行枚数:第一次:1.4万枚/第二次:1.1万枚/第三次:1万枚/第四次:1万枚
  • 表の模様:復興特別区域の地図とハト
  • 裏の模様:奇跡の一本松とハト

東日本大震災復興事業記念貨幣(千円銀貨幣)

東日本大震災復興事業記念貨幣(千円銀貨幣)
引用元:財務省(https://www.mint.go.jp/coin/reconstruction/reconstruction_first.html)
  • 素材:純銀
  • 額面:1,000円
  • 買取相場:未定
  • 発行年:2015年(平成27年)
  • 発行枚数:第一次:6万枚/第二次:4万枚/第三次:4万枚/第四次:4万枚
  • 表の模様:大漁船と稲穂
  • 裏の模様:奇跡の一本松とハト

東日本大震災復興事業記念貨幣の
価値をもっと詳しく

裁判所制度100周年記念硬貨

1990年の平成2年に裁判所制度が発足してから100年となることを記念として作られた記念硬貨。5,000円の銀貨のみの発行となるが500万枚発行されていた。デザインには表面に大法廷の図柄が描かれており、裏面には「正義・平等」という花言葉を持った「大はんごん草」が描かれている。大はんごん草はアメリカの裁判官のバッジにも描かれている。

裁判所制度100周年記念硬貨

裁判所制度100周年記念硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 額面:5,000円
  • 買取相場:6,000円〜12,000円
  • 発行年:1990年

裁判所制度100周年記念硬貨の
価値をもっと詳しく

国際花と緑の博覧会記念硬貨

大阪府大阪市鶴見区で1990年4月1日から9月30日の間に開催された国際花と緑の博覧会を記念して発行された記念硬貨。国際花と緑の博覧会は212の企業と55の国際機関にくわえ、日本を含む83カ国が参加して行われた大規模な博覧会だった。大阪万博よりも枚数は少ないが、比較的多いとされる1,000万枚を発行。発行年数が比較的浅いこともあり現在はまだプレミアとしての価値はついていないため6,000円から9,000円ほどの価値であると言われている。

国際花と緑の博覧会記念硬貨

国際花と緑の博覧会記念硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 額面:5,000円
  • 買取相場:6,000円〜9,000円
  • 発行年:1990年

国際花と緑の博覧会記念硬貨の
価値をもっと詳しく

議会開設100周年記念硬貨

議会開設100周年記念硬貨は、日本の議会開設100周年を記念して1990年(平成2年)に発行された記念硬貨です。表面に国会議事堂、裏面に有翼の獅子の図柄があり、銀が925g、銅が75gの銀合金。 一つ前に発行された「裁判所制度100周年記念硬貨」と同じく重さは15g、直径は30mm。500万枚が発行され、約30年前の発行であるため比較的新しく希少価値はそれほど高くありません。

議会開設100周年記念硬貨

議会開設100周年記念硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 額面:5,000円
  • 買取相場:6,000円〜8,000円前後
  • 1990年(平成2年)

議会開設100周年記念硬貨の
価値をもっと詳しく

南極地域観測50周年記念硬貨

南極地域観測50周年を記念して発行された記念硬貨です。1957年に南極に基地を構えてから50年が経つ事を記念して発行され、硬貨の表面には樺太犬のタロとジロ、裏面には南極大陸の地図が描かれています。精巧なデザインが特徴的な硬貨で量目は7g、直径は26.5mmです。材質は銅が720g、亜鉛が200g、ニッケルが80gの合金です。660万枚と発行枚数が多いためプレミアは付いておらず、買取業者での査定が500円を下回るようであれば銀行での両替もオススメ。

南極地域観測50周年記念硬貨

南極地域観測50周年記念硬貨
引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 額面:500円
  • 買取相場:1,000円前後
  • 平成19年

南極地域観測50周年記念硬貨の
価値をもっと詳しく

内閣制度創始100周年記念硬貨

「内閣制度創始100周年記念硬貨」とは、1885年に日本の内閣制度が始まってちょうど100年を迎えた1985年に記念として発行された記念硬貨。
種類は額面価格500円の1種類のみとなっており、素材は銅で作られているのが特徴。
発行枚数は7000万枚と多いですが、コレクターからは人気が高い記念硬貨。
単品だけでなく、各国の造幣局が発行する硬貨をケースに収納して販売する「ミントセット」もあります。

内閣制度創始100周年記念硬貨

内閣制度創始100周年記念硬貨
引用元:造幣局(https://www.mint.go.jp/popup/data_kinen_page08.html)
  • 額面:500円
  • 買取相場:500円から
  • 昭和60年

内閣制度創始100周年記念硬貨の
価値をもっと詳しく

沖縄海洋博覧会記念硬貨

「沖縄海洋博覧会記念硬貨」は、1975年に沖縄で開催された沖縄国際海洋博覧会の記念として作られたメダルです。
海洋博覧会が開催される少し前の昭和50年7月3日に発行され、発行枚数120,000,000枚とかなり多いのが特徴。追加発行もされているほど枚数が多く、存在している記念硬貨の中で一番枚数が多い硬貨となっています。
枚数が多いため、それほど稀少価値は高くありませんが、2020年に東京オリンピックが決定したことで、日本の硬貨を集めている海外の人からの需要が高くなっています。

沖縄海洋博覧会記念硬貨

沖縄海洋博覧会記念硬貨
引用元:財務省(https://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm)
  • 額面:100円
  • 買取相場:1~499円
  • 昭和50年

沖縄海洋博覧会記念硬貨の
価値をもっと詳しく

ミントセット

毎年発行されている硬貨で、内容は1円硬貨、5円硬貨、10円硬貨、50円硬貨、100円硬貨、500円硬貨の他にその年の干支が描かれている干支図案年銘板の全7枚セット。
未使用の硬貨が手に入るということもあり、コレクターの中では定番のアイテムです。

発行セット数がかなり多いのでそれほど希少価値はありません。プラスチックケースに入っており、ケースの状態によっても価値は変わります。

ミントセット

平成31年銘ミントセット
引用元:財務省(https://www.mint.go.jp/shintyaku/sale/hanbai_h31_mint-2.html)
  • 額面:666円
  • 買取相場:900~2,400円
  • 毎年

ミントセットの
価値をもっと詳しく

国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣

日本が国際連合に加盟した昭和31年12月18日から50周年目となることを記念し、2006年に作られた硬貨です。額面は1,000円ですが、プレミアム硬貨であるため販売価格は6,000円と高価だったのが特徴。

申し込み者多数だったため、抽選で購入者を決める形となりました。とても美しいプルーフ仕上になっているほか、地球と桜を用いたデザインも魅力的です。

国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣

国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣
引用元:造幣局(https://www.mint.go.jp/shintyaku/sale/coin_kahei_tushin_hanbai_page21.html)
  • 額面:1,000円
  • 買取相場:1,000円~4,000円前後
  • 2006年

国際連合加盟50周年記念千円銀貨幣の
価値をもっと詳しく

沖縄復帰20周年記念貨幣

1972年にアメリカから日本へ沖縄が返還されたことを記念して発行された硬貨である。通常の500円硬貨よりも大きく、沖縄の代表的な建築物や龍をあしらったデザイン、さらに発行枚数が2000万枚であることから希少性の高さでも注目されている。

この記念硬貨には同じデザインで表面に鏡のような光沢をもたせた「プルーフ銀貨」も販売されており、こちらはさらに発行枚数が少ないため、希少価値の高いコインとされている。

沖縄復帰20周年記念貨幣

沖縄復帰20周年記念貨幣
引用元:独立行政法人造幣局(https://www.mint.go.jp/popup/data_kinen_page20.html)
  • 額面:500円
  • 発行年:1992年(平成4年)

沖縄復帰20周年記念貨幣の
価値をもっと詳しく

奄美群島復帰50周年記念貨幣

1953年に奄美群島がアメリカから日本に返還され、50周年を記念して発行された硬貨である。表面に奄美群島の固有種を、裏面に島々をあしらったカラーコインとして人気があり、額面が1,000円のコインだが当時の販売価格は6,000円となっていた。

額面よりも高額なプレミアム型のコインであり、発行枚数も50,000枚と限定的であったことから現在も高値での取引がされている。通常の硬貨よりも大きなサイズなので、プレミアメダルとしてもコレクションされている。

沖縄復帰20周年記念貨幣

奄美群島復帰50周年記念貨幣
引用元:東京コイン倶楽部(http://tokyo-coin.com/shopdetail/011000000005/)
  • 額面:500円
  • 発行年:1993年(平成15年)

奄美群島復帰50周年記念貨幣の
価値をもっと詳しく

天皇陛下御即位記念貨幣(令和元年)

200年ぶりの天皇譲位と新しい天皇の御即位がつつがなく行われ、平成から令和への改元に日本中が沸く中、改元の9日後に財務省が令和時代の「天皇陛下御即位記念貨幣」の発行を発表した。一万円金貨幣と五百円バイカラー・クラッド貨幣の2種類があり、最先端の偽造防止技術を詰め込んだ、新時代の記念硬貨となっている。

天皇陛下御即位記念 一万円金貨幣

天皇陛下御即位記念 一万円金貨幣
引用元:財務省(https://www.mof.go.jp/)
  • 額面:10,000円(販売価格:140,555円)
  • 発行年:2019年(令和元年)

天皇陛下御即位記念 一万円金貨幣の
価値をもっと詳しく

天皇陛下御即位記念 五百円バイカラー・クラッド貨幣

天皇陛下御即位記念 五百円バイカラー・クラッド貨幣
引用元:財務省(https://www.mof.go.jp/)
  • 額面:500円(販売価格:500円)
  • 発行年:2019年(令和元年)

天皇陛下御即位記念 五百円バイカラー・クラッド貨幣の
価値をもっと詳しく

中部国際空港開港銀貨幣

「中部国際空港開港銀貨幣」は、平成17年に中部国際空港開港を記念して発行された500円銀貨幣だ。純銀が素材として使われ、全ての硬貨にプルーフ加工が施されているなど、額面以上の価値で販売されたプレミアム型の記念硬貨でもある。発行枚数が少なく希少価値が高いため、現在でも額面を上回る価格で取り引きされている。

中部国際空港開港500円銀貨幣

中部国際空港開港500円銀貨幣
引用元:独立行政法人 造幣局(https://www.mint.go.jp/buy/coin_mamechishiki_kinen05.html)
  • 額面:500円(販売価格:4,000円)
  • 発行年:2005年(平成17年)

中部国際空港開港銀貨幣の
価値をもっと詳しく

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会の開催を記念して発行された額面1,000円の銀貨幣であり、プルーフ仕上げやカラー印刷といった贅沢なデザイン加工が施された、プレミアム型記念貨幣でもある。発行枚数が多く記念硬貨としての希少価値はやや低めだが、美品や記念メダルとのセットであれば高価買取も期待できるだろう。

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念千円銀貨幣

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念千円銀貨幣
引用元:独立行政法人 造幣局(https://www.mint.go.jp/shintyaku/sale/coin_coin_topics_20071022.html)
  • 額面:1,000円(販売価格:6,000円)
  • 発行年:2007年(平成19年)

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣の
価値をもっと詳しく

高価買取のための必須ポイント

高価買取の基本条件は損傷が少ないことだ。汚れているからと磨いたりすると逆にキズがつくなどして価値が下がることも。またパックに封入されていたり専用ボックスがある場合には、そのままで査定に出すのは鉄則だ。

査定金額をアップさせるために

記念硬貨を磨いてはいけないのならば、査定金額をアップさせるには一体どのようにするべきなのだろうか。記念硬貨の正しい保管方法やメンテナンス法など、査定金額を上げるための方法を教えよう。

記念硬貨の正しい保管方法

記念硬貨を良い状態で保管するためには、「ペーパーコインホルダー」を使うと良い。ペーパーコインホルダーならアルバム型になっていて検索性も良いし、記念硬貨に傷をつけることなく保管できるだろう。または、スラブ用ケースや、アクリルでできたスラブ型コインケースなどもおすすめだ。コインカプセルに保管する方法もあるが、異なる大きさのカプセルを使うと中で記念硬貨が動き、傷をつけてしまうことにもなりかねない。

記念硬貨の査定金額が上がる条件

記念硬貨の査定金額をアップさせるためには、「傷や汚れがないこと」「研磨していないこと」「洗浄していないこと」の3点だ。だが、記念硬貨を薬剤や歯磨き粉などで磨くと、記念硬貨は価値を失くしてしまうとすら言われている。磨かずに価値を維持するためには、やはり普段から正しい方法で保管することが大切だ。

海外の記念硬貨について

アメリカ

イーグル金貨

イーグル金貨は一般的には1986年以降に発行されていた地金型金貨を指しており、アメリカの10ドル金貨とされています。4種類の額面で発行されたが、額面によって重量が異なっており、それによって買取価格も変わる。コレクション用に鏡面加工されたものも発行されている。

  • 素材:金(純度91.67%)
  • 額面:5ドル、10ドル、25ドル、50ドル
  • 買取相場:1/10オンス:13,000円程度、1/4オンス:34,000円程度、1/2オンス:70,000円程度、1オンス:139,000円程度
  • 発行年:1986年~
  • 表の模様:自由の女神
  • 裏の模様:親鷲と巣の中にいる鷲のヒナ

インディアン金貨

インディアン金貨は、アメリカ合衆国政府によって3種類の額面で発行されていた金貨だ。90%の純度を誇る金で作られているが、残りの10%には銅が混ぜられている。

  • 素材:金(純度90%)
  • 額面:2.5ドル、5ドル、10ドル
  • 買取相場:2.5ドル:16,000円程度、5ドル:33,000円程度、10ドル:65,000~67,000円程度
  • 発行年:1907~1933年
  • 表の模様:2.5ドル・5ドル:インディアンの横顔、10ドル:インディアンの羽飾りをつけた自由の女神の横顔
  • 裏の模様:木の枝にとまった鷲

オーストリア

ウィーン金貨

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をモチーフにした金貨で、オーストリア造幣局から発行されている金貨。1オンスの100ユーロ記念硬貨には、プラチナ製の地金型コインも存在する。

  • 素材:金(99.99%)
  • 額面:10ユーロ、25ユーロ、50ユーロ、100ユーロ
  • 買取相場:1/10オンス:14,000円程度、1/4オンス:34,000円程度、1/2オンス:72,000円程度、1オンス:145,000円程度
  • 発行年:1989年~
  • 表の模様:ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の演奏会場である「楽友協会」の黄金の間にあるパイプオルガン
  • 裏の模様:ウィンナホルン、ハープ、チェロ、ビオラ、バイオリン、ファゴットの6種類の管弦楽器

イギリス

ソブリン金貨

ソブリン金貨はイギリス法廷貨幣から発行されており、残存枚数が多いためコレクション要素は低いが、年度によってかなり価値が高いものもある。額面金額は刻印されていないものの、効果の重量や大きさによる額面で評価される。

  • 素材:金(91.7%)
  • 額面:1/2ポンド:16,000円程度、1ポンド:31,000円程度、2ポンド:64,000円程度、5ポンド:160,000円程度
  • 買取相場:1/2ポンド:16,000円程度、1ポンド:31,000円程度、2ポンド:64,000円程度、5ポンド:160,000円程度
  • 発行年:1817年~
  • 発行枚数:年度によって異なる
  • 表の模様:イギリス国王(年度によって異なる)
  • 裏の模様:キリスト教の聖人とされるゲオルギオスが、馬に乗りドラゴンを退治しているモチーフ

ブリタニア金貨

イギリス王立造幣局によって毎年発行されている金貨で、年度によっては複数枚をセットしたもの、異なったデザインのもの、銀貨バージョンなども発行される。

  • 素材:金(91.7%)
  • 額面:50ペンス、1ポンド、10ポンド、25ポンド、50ポンド、100ポンド(年度によって異なる)
  • 買取相場:1/10オンス:14,000円程度、1/4オンス:34,000円程度、1/2オンス:70,000円程度、1オンス:110,000円程度
  • 発行年:1987年~
  • 発行枚数:50ペンス:2,080枚、1ポンド:580枚、10ポンド:780枚、25ポンド:3,286枚、50ポンド:780枚、100ポンド:280枚(2017年度の発行枚数)
  • 表の模様:エリザベス女王の横顔
  • 裏の模様:イギリスを擬人化したブリタニア女神

フランス

アルベールビル五輪記念金貨

フランスで行われたアルベールオリンピック冬季大会開催を記念した金貨で、フランス造幣局によって発行されたものだ。額面は1種類のみだが、表面の図柄は全10種類となっている。

  • 素材:金
  • 額面:500フラン
  • 買取相場:70,000円程度
  • 発行年:1992年
  • 発行枚数:19,000枚~28,000枚
  • 表の模様:国際オリンピック委員会第2代会長 ピエール・ド・クーベルタン男爵、その他冬季オリンピック公式競技
  • 裏の模様:アルベールビルオリンピックロゴ

カナダ

カナダ建国100周年金貨

カナダの建国100周年を記念して、カナダ王室造幣局から発行された記念硬貨。別名「カナダ金貨」とも呼ばれており、カナダの記念硬貨の中では代表的な存在だと言える。

  • 素材:金(90%)
  • 額面:20ドル
  • 買取相場:73,000円程度
  • 発行年:1967年
  • 発行枚数:337,688枚
  • 表の模様:エリザベス二世の横顔
  • 裏の模様:中央にカナダ国章、右側にブルボン朝フランスの国旗を持ったユニコーン、左側にイギリス国旗を持ったライオン

大韓民国

ソウル五輪記念金貨

ソウルオリンピックを記念して、大韓民国の韓国造幣公社から発行された金貨だ。発行は1次、2次、3次と3段階に分けられていたため、その発行のタイミングによって裏面のデザインが異なっている。

  • 素材:金(91.7%)
  • 額面:25000ウォン、50,000ウォン
  • 買取相場:25000ウォン:68,000円程度、50,000ウォン:138,000円程度
  • 発行年:1988年
  • 発行枚数:42,500枚
  • 表の模様:大韓民国国章、国花のムクゲ
  • 裏の模様:民族舞踊、軍亀船など3種類

中国

中国十二支金貨

中国造幣公司から発行される記念硬貨で、毎年、干支にちなんだデザインのものが発行されている。重量は8gとなるが、年度によってデザインも形も額面も異なっているため、記念硬貨の中でも非常にバラエティー豊かなタイプだ。

  • 素材:金(91.7%、もしくは99.99%)
  • 額面:150元~1000元
  • 買取相場:27,000円~72,000円程度(年度によって異なる)
  • 発行年:1981年~
  • 発行枚数:2000枚~7500枚(年度によって異なる)
  • 表の模様:その年の干支をモチーフにしたデザイン
  • 裏の模様:宮廷庭園である北海公園にある白塔
記念硬貨を実際に
査定へ出した結果...

五枚の記念硬貨の合計査定額BEST3

スピード買取15万70

公式サイト

福ちゃん18万1,010

公式サイト

ウルトラバイヤー7万

公式サイト

この記念硬貨を査定に出してみた

  • 天皇陛下御在位六十年記念硬貨
  • 皇太子殿下御成婚記念硬貨
  • 東京オリンピック記念硬貨
  • 長野オリンピック記念硬貨
  • 大阪万博記念硬貨
高価買取店はどこ?記念硬貨の査定額を比較